稽古内容
ギャラリー
門下生募集要項
道場地図
ブログ
ホーム
稽古内容はその時の指導員等により様々ですが、大体以下のような稽古をしております。
師範は基本に忠実にということを特に教えております。基本稽古である、「定時間」「移動性」は鍛練も兼ね、毎回じっくり行います。
初めは皆初心者。先輩方がやさしく基本を教えていきます。女性や還暦間近のおじさんも元気に稽古に励んでおります。
自分の体力と相談しながら、自分のペースで生涯空手を目指し精進しております。
黙想
黙想
稽古前・稽古後には心を静め、無の状態になり黙想します。「心・技・体」の心の部分を養います。
体操
体操
稽古前、稽古後の体操もケガ防止のため、しっかりと心を込めて行います。
定時間
定時間
定時間ではその場で突き、蹴りなどの基本動作を行います。鍛練も兼ねた稽古です。
移動性
移動性
移動しながら、突き、蹴りなどの基本動作を行います。わが道場では定時間、移動性といった基本動作の稽古を特に入念に行います。
約束組手
約束組手
突き・蹴り等の攻撃およびその防御の練習をします。女性の方でも安心して参加できます。(写真一番右は女性)
円陣
円陣
円陣では、自分の周りの複数の敵が攻撃を仕掛けてくる、という場面を想定し、稽古を行います。
鍛錬
鍛錬
厳しい鍛練(たんれん)を地道に積んで、空手に必要な体をつくります。女性の方にはダイエットに最適です。
鍛眼
鍛眼
鍛眼(たんがん)は、眼を鍛える稽古です。二拳鍛眼(相手の両肩を両手で攻撃する)等を行い、間合い等を学びます。
形
形
形(かた)は非常に重要な稽古です。基本動作、体力、技、柔軟性、心、すべてが要求されます。
柔軟
柔軟
空手にとって柔軟性は必須です。全員完全開脚を目指します。
まきわら
まきわら
「まきわら」と呼ばれる板を正拳でくり返し突き、拳を鍛えます。打撃を与えても壊れない拳をつくります。
試割
試割
試割(しわり)は木の板、ブロック、瓦などを正拳や蹴りなどで割り、自分の攻撃の威力を確認します。夏合宿で試割をやります。
サイ・棒・ヌンチャク
その他、高段者はサイ・棒・ヌンチャクなどの道具を用いた形、攻撃、受けを学びます。